スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺流・ピラミッドでの立ち回り

私のブログに検索でお越しになる方は、
ピラミッド関係で検索していただける方が多いようです。

「そんなこともう知ってるよ」って方もおられると思いますが、
私なりに立ち回りで、気を付けていることを書こうと思います。

あ、絶対に勝てるってわけではないですよ^^;
少し楽になるかなって感じですw






まず、ピラミッドの深い層で勝つための、私なりの考えです。


①殲滅力が大事
 敵がどんどん湧いてきますから、素早い殲滅が必要です。

②殲滅力を維持するためには死なないこと
 死んでしまえばバフも解けてしまいますし、
 蘇生を待つ間、攻撃できません。

③死なないためには被ダメージを減らすこと
 僧侶の回復力で補えるケースもありますが、
 複数の敵から一度に攻撃を喰らうと、
 運が悪ければ死んでしまいます。

ここでは③被ダメを減らすこと、について記載していきます。



次に「壁」です。
ドラクエの戦闘において、「壁」という概念があります。
強ボスなどの強い敵において、用いられる戦法ですね。
ターゲットにされた方が逃げて、他のメンバーで敵の進行を遅らせる戦法です。
重さが十分にあれば、敵を押し返すことが出来、戦闘を非常に有利に進めることが出来ます。
これを相撲と呼んだりするようです。

このことを理解している方は、これから記載することもすぐにご理解いただけると思います。







さて、本題です。
私がピラミッドによく行く構成は、
武闘家・レンジャー・魔法戦士・僧侶
です。
私はピラミッドにはよくレンジャーで行きますので、レンジャー視点で書いていきます。

まず、ターゲットです。
下図をご覧ください。
※レ:レンジャー, 武:武闘家

<図1>
0001.jpg

ターゲットの判断は「敵がどこを向くか」です。
上図では敵が私の方を向いていますので、この敵は私(レンジャー)をターゲットとしている、ということになります。

このままここで攻撃していては、この敵の攻撃を受けてしまいます。



<図2>
0002.jpg

そこで私は、上図の様に、味方の武闘家の裏に回り込みます。



<図3>
0003.jpg

これによって、敵は私を攻撃しようとしますが、間に武闘家が入ることにより、進行が遅れます。
これを巷では「壁」と呼ばれています。

余談ですが、私はバスケットボールをしていた経験から、勝手にスクリーンプレイと呼んだりしています。



<図4>
0004.jpg

ただし、深い階層では敵は重量がありますので、敵は私を攻撃しようとして、武闘家を押してでも強引に私を狙います。
このままでは時間が経てば、私が攻撃されるか、ターンエンド攻撃が武闘家に入ります。
※ターンエンド攻撃についてはここでは割愛します。
 他のサイトにしっかり書かれていますし、この記事でもターンエンド攻撃は回避できないためです。



そこで、押し込まれない為にどうするか。

<図5>
0005.jpg

武闘家と私の間に敵を入れます。
敵は武闘家の奥にいる敵ごと押すことはできません。
たとえ、重量に差があろうと、敵は敵を押せません。

こうすることで、ターンエンド攻撃がくるまで、私を狙ってる敵は無力化します。
すなわち、被ダメージが減ります



そのためには広く戦場を見ることが大事ですが、慣れないうちは難しいと思います。
一つだけ自分なりのパターンを持っておきましょう。

<図6>
0006.jpg

上図のような立ち位置を取るとします。
左の敵と武闘家が攻撃しあっているとします。
私はその近くで「マヌーサ」や「デュアルカッター」をします。
敵が私をターゲットと認識したら、すかさず、武闘家と敵が一直線になるように動きます。



<図7>
0007.jpg

これで無力化できます。
このように、一つのパターンを持っておけば、そのうち戦場を見渡す余裕も出てくるかと思います。




※捕捉
①勝率100%ではありません。
 多少は楽になる、と捉えて頂ければ^^

②僧侶はこの限りではない(のかな?)。
 私は僧侶ではほとんどプレイしないのですが、全体攻撃の関係もありますので、危険なのかなぁと想定してます。

③4層5層では要注意!
 敵に囲まれて逃げられないってパターンがあります^^;
 4層はマネマネタイプの敵が繰り出す「マヒャデドス」連発で全滅、
 5層はトロルタイプの敵が繰り出す「ガリバーハンド」を受けて立て直せず全滅、
 といった経験があります(>_<)
 これらの敵が出たときは、逃げ道の確保はしておいてください^^





どうでしょう?
参考になりましたでしょうか?
もう知ってるよ!って方も多いと思いますが、
少しでも参考になれば幸いです^^

ちょっとでも参考になった方は押してくれると嬉しいです!
↓↓↓

ドラゴンクエストX ブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

勉強になります!
場数踏んで体で覚えないとな…下手っぴですがまたピラ一緒に行こうね♪

最近ピラでやっておもろかったのは、
戦士3僧侶1の構成。ぶんまわし、ギガスラ、たいあたりしまくり♪ 最高ですw
僧侶さん大変ですが…(>_<)

No title

  図説分かりやすくて参考になります!!


  スクリーン懐かしすぎるw
  後ろじゃファールもらうぞ!とか怒鳴られてましたw

  マヒャデドスが辛いんですよね~
メガンテとか・・・

言いたいことは分かりますが、私には難しい話でございました(-"-;)笑
でも頭の片隅に置いておきます!いつか使える日がくるかも(*^O^*)
アンさん、攻略ありがとう♪

そういや、そのテンプレ構成?でいったことない(または1回くらいか)なーと思っていたら、
なぜかピラは前のチムメンさんとばっかりいってました!
前のチームは本当にライトな人がほとんどなんで、できる職が限られてるんですよね(^_^;)自分含め。
たぶんこっちの皆は日曜に突撃するから私は一緒にいってないんだな(笑)
そして6は未だ未クリア( ̄▽ ̄;)ハハ

No title

ちょうど、ピラをレンで行って、6で何度も全滅したので・・
とてもためになりましたー!
フレと行くときは楽だったのですが、
なんでだろうって思って・・・
そのサンドイッチっぽい戦法をフレたちは
やってくれてて、

野良でいったとき、私これちゃんとできてたかなー
って思い出すと、、、怪しいです。。。

フレが最初の頃l、l
敵、人、敵で挟むといいって前言ってたのに・・
図をみて、やっと理解するという><
今度は意識して頑張ってみます!!

ピラミッドなどはだいたい僧侶なのですが、なんせ下手くそなので全滅したら毎回自分のせいだといじけてました(´・_・`)でもこの記事見て前衛の動きの工夫次第で僧侶の負担も減るってことがわかるし、全滅しても毎回僧侶だけの責任じゃないのかもって思うようになりました^ ^

僧侶がんばりまっす!

>ぱせりさん

1つのパターンさえ身に付けられれば、あとは応用的に使えるようになると思いますよ(^-^)

次のアプデで、さらに両手剣が強くなりますから、戦士の活躍の場は増えそうですね!
個人的にはフリーズブレードがオススメ!!

>トニ~さん

トニ~さんもバスケ部出身ですか(^-^)

マヒャデドスは確かに痛いですので、4層は逆に散らばった方がいいかもしれませんね(^-^)

>おくさん

慣れやと思いますよ(^-^)
どこかで試していただければ!

ピラはすでに終わってても手伝いますよ♪
アプデからは小さな黄金のかけら?とかいうのも貰えますしねd(^-^)

>うさこさん

参考になったのでしたら何よりです(^-^)
今度一緒にピラミッド行きましょう!!

>にゃるむさん

いや、全滅するのは僧侶の手数を減らせない前衛に責任があると思いますよ♪
俺とアキさんと一緒にいったときにはサクっと終ったでしょ?d(^-^)
にやるむさんのせいではないと思いますよ~♪

No title

わかりやすい解説ありがとです!
いつもピラでアンさんの壁&スクリーンプレイうまいなぁと思って見ています。
僧侶から見ると上記の方法、混戦の中での敵のタゲ・攻撃をくらうタイミング・くらわない間、が見るのですごい楽になりますね。

自分も以前は僧で全滅すると自分のせいとへコんでましたが、今は全然ヘコみません^^; さぁ次いってみよう!ってね^^

>リンダさん

僧侶視点でも書けたらいいんですけどねぇ(^_^;)
ブログの為に僧侶やろうとは思わんからねー(。>д<)
プロフィール

アンサー

Author:アンサー
ID:VR154-734

Job:前衛なら大体OK

Address:グレン草原8226-6

Team:Feel So Good
    

ブログランキングに参加しています。


チームメンバー募集中
興味がある方はご連絡を!
メンバー募集要項

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
チームメンバー限定記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事
リンク
ブログランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。